×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  くるみの効能

くるみの効能

栄養素

栄養素
  • オメガ3脂肪酸
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンC
  • ビタミンE

食べることで期待できる効能

悪玉コレステロールの減少、心筋梗塞や動脈硬化の予防

くるみには、今注目を浴びているオメガ3脂肪酸がナッツ類で最も多く含まれています。
オメガ3脂肪酸は、細胞膜の構成要素のひとつであり、身体の調整物質のひとつです。動脈硬化を防ぎ、コレステロール値、中性脂肪値を下げ、心臓病、脳卒中、糖尿病、高血圧など、いわゆる生活習慣病予防に効果を発揮すると言われています。

疲労回復

くるみは栄養価が高い上、疲労回復ビタミンと言われるビタミンB1を多く含んでいます。
ビタミンB1は糖質をエネルギーに変え、疲労物質である乳酸を分解する働きがあります。
また消化が良いためスポーツ・登山後の疲労回復、病後の体力回復などに効果的と言われています。

ダイエット

くるみは栄養価が高く、高カロリーなのにもかかわらず糖質が低いため太りにくい食材です。
α-リノレン酸や植物性たんぱく質、食物繊維などの成分によりダイエット効果が期待できます。

集中力・記憶力の向上

くるみに含まれているα-リノレン酸の一部は体内でDHA(ドコサヘキサエン酸)に変化します。
DHAは脳の伝達神経に作用し脳機能を向上させる効果があることで知られています。
また、レシチンという成分が脳の神経細胞と神経細胞の間のつながりをスムーズにする働きをします。頭の働きを良くし、記憶力を向上させるために必要な栄養素です。

美容促進

くるみは植物性の良質なたんぱく質、そして血行を良くするα-リノレン酸と抗酸化物質、代謝を促進させるビタミンB1、ビタミンB2、そして豊富なミネラルを含んでいます。
抗酸化作用は肌老化やシミ・シワを軽減し、肌荒れの一因となる便秘や不眠症、ストレスなどを予防・改善する働きもあり、美容の効果が期待できます。

くるみは天然さぷりめんと!?

食べ過ぎには注意!!!

食べ過ぎには注意!!!

いくら身体に良いからと言っても、食べ過ぎには注意してください。
下痢やカロリーオーバーになる可能性があります。
目安は、殻付きくるみであれば1日に4~6個くらいです。(大きさによります)

免責事項

すべての情報において当園独自の臨床実験や検証などをしたわけではありません。
また効能に関する情報の適正は個人によって差異もございます。
万一、当ホームページの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことをあらかじめご了承ください。