×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  くるみ農園

くるみ農園

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3

【くるみ栽培日記】くるみの花が咲きました。

花が咲きました。

  

2021-05-01 09:59:00

コメント(0)

【くるみ栽培日記】 雄花が伸びてきました。

今年は春の訪れが早い。
桜も1週間~2週間くらい早く咲きました。
この暖かさでクルミの雄花もスイッチが入ったようで、少しずつ伸びてきました。



でも、このような気候条件は嬉しくありません( ;∀;)
まだまだ夜間は寒い日が続きます。そうすると「霜」が降りる可能性が高いのです。
ちょうど開花したときに霜がくると、枯れてしまい受粉できなくなります。
毎年、この時期は不安です。

2021-04-17 11:18:47

コメント(0)

【くるみ栽培日記】 くるみの植え替え( ;∀;)

んん~ん。残念ですが、クルミの苗木を別の場所に植え替えました
農地をお借りしていた方の意向で、今年からお借りすることができなくなりました。残念。
2年経過した苗木を別の場所へ移動する作業をしました。
根っこを切るので枯れてしまう可能性があるので、慎重に作業を終えました。
別の農地で元気に育ってほしいです。

   

2021-03-19 19:14:00

コメント(0)

【くるみ栽培日記】剪定作業が完了。冬の管理作業が一通り終わって春を迎えます。

冬の作業で一番重要な『剪定』が終わりました。
なぜ剪定作業が必要かと言うと・・・
1.木の高さを一定にすることで作業性が良くなります。
2.枝が込み合っていると太陽光が当たらず、品質の良いクルミができなくなります。
3.枝同士に一定の間隔があると風通しが良くなり、病害虫が発生しにくくなります。(減農薬で管理できる)

管理しているクルミの木が数百本あるので、12月から3カ月掛かって終わりを迎えました。
これから暖かくなってくると、芽吹きが始まりますよ。その様子は後日お知らせします。

2021-03-06 20:00:10

コメント(0)

荒廃農地の整備をして、くるみの苗木を植える準備です!

少しずつ春の訪れを感じられるようになってきたこの頃。
3月の苗木植えに向けて準備を進めています。
今日は新たにお借りした農地の整備をしました。

  

何年か農業をされていなかったので草や雑木がすごい・・・
重機を使って少しづつ片付けました。

  

畑が蘇ってきて気分もいいし、畑の土も喜んでいるはず。
3月、ここにくるみの苗木を植えます。

2021-02-20 21:32:00

コメント(0)

新しい苗木を植えるための準備です。古いクルミの木を伐りました。

30年間頑張ったクルミの木が引退を迎えました。
新しい苗木を植えるために伐らせてもらいました。切った幹や枝は、薪ストーブの愛好家の方に使っていただきます。
農地も整備して3月の苗木植えに備えます。

    

    

2021-02-13 19:09:00

コメント(0)

【くるみ栽培日記】冬の作業。剪定を開始しました。

クルミが休眠に入ったこの時期、剪定作業を始めました。
数百本のクルミの木を管理しているので、12月から始めて3月上旬まで掛けて少しずつ作業します。
太陽光を全体的に当てるように無駄な枝を切ります。

2020-12-21 20:26:00

コメント(0)

クルミの冬眠!? 体力を回復する大切な季節です。

農園のクルミくん達も葉っぱを落として、冬の準備に移行しています。
「お疲れ様」と思いつつ、なにか寂しさも感じます。
体力を回復して、来年も良いくるみを一緒に作ろう!と話しかけました。

【クルミの豆知識】
くるみは寒冷期間が1,500時間必要とされています。
寒さを感じ取ると休眠状態になり、樹液の流れが弱くなります。
この間に栄養分を蓄えて体力の回復を図ります。(実際はもっと複雑ですが、簡単にご説明しています)
さらにこの休眠時に枝の剪定も行います。
私たちは数年に1回、大胆に剪定して樹木の形を整える手法を取っています。
太陽光が全体に入り込むようにしたり、作業の効率性や病害虫の予防を考えて整えます。
枝のどの部分を切るかも重要で、間違った部分を切ると切り口から枯れたり、芽の生育に影響がでます。
私たちは数百本のクルミの木を管理していますが、形がそれぞれ違うので毎年研究、勉強しながら技術を養っています。
剪定の様子は12月にお伝えします。

    

2020-11-27 19:50:22

コメント(0)   |  トラックバック (0)

2020年度産 信濃くるみの販売を開始しております。

天日干しを終えた「クルミくん」達は、サイズごとに分別します。
そのあとクルミ1つ1つの重量測定をしてシイナ果(中身が入っていないもの)を取り除きます。
さらに殻の外観チェックも1つ1つ行い、選別に合格したクルミがお客様の元へ届けられます。
剥いたクルミは出荷直前(販売予測で必要な数量)に割って中身を取り出しています。
直前まで殻付きで保存していたので酸化せず新鮮な状態でお届けしています。
生産者直売の国産クルミは、外国産のくるみと比べて味・品質ともに全く違うくるみと言っても過言ではありません。
くるみ本来の風味をぜひ味わってみてください。

お買い求めはオンラインショップでどうぞ。

~~~ とどく幸(さち)、つながる幸(しあわせ) ~~~
             【ハッピーナッツ倶楽部】



     

2020-11-18 15:32:37

コメント(0)   |  トラックバック (0)

おいしいクルミに仕上がってきました。

今年は秋晴れが続いたおかげで乾燥が順調に進みました。
柔らかな日差しでゆっくりと乾燥したくるみは良質な油分(オメガ3脂肪酸)を残しつつ香ばしさが増します。
くるみ1つ1つを選別したあと、ご予約をいただいたお客様へお届けします。
一部の商品を除き、通常販売も開始いたします。

        《オンラインショップ》
~~~ とどく幸(さち)、つながる幸(しあわせ) ~~~
               【ハッピーナッツ倶楽部】


    

2020-10-29 19:35:00

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3